キッズフロスピック

診療所では、4〜5歳の子供たちが医者のところに来て、ぬいぐるみを食べると歯が痛くなると言っています。検査の結果、それらのほとんどは、2本の歯の接触領域でのワームの発生が原因であることがわかりました。痛み。 2本の歯の間の虫歯を本当に防ぐための最も重要なことは、子供にデンタルフロスのピックを与えることです。


4〜5歳の子供の乳歯はすでに成長しており、成長する歯のサイズは変わらず、子供が成長するにつれて歯を保持する骨が徐々に成長するため、2つの歯が徐々に成長します4〜5歳の子供の神経感覚システムはまだ発達しており、感度が低いため、わずかな歯の詰まりは感じられません。しばらくすると、2本の歯の間に虫歯が現れます。子供のデンタルフロスピックは、歯を磨くだけでなく、子供たちにとって毎日の必需品です!

<1>