デンタルフロスの正しい使い方と注意が必要な事項

2020/11/18

デンタルフロスの正しい使用法:
デンタルフロスの使用は非常に簡単です。次の方法で2〜3回習得できます。
まず、長さ約30〜50 cmのデンタルフロスを取り、両端を左手と右手の中指に巻き付けます。
上歯を掃除するときは、同じ手の親指と反対側の人差し指の手のひらを使ってフロスを締めます。 2本の指の間の距離は3〜5 cmで、フロスは接触点を介して押し下げられます。
接触点がきつすぎる場合は、接触点からデンタルフロスを押し下げないでください。デンタルフロスを壊したり、力を入れすぎて歯茎を傷つけたりする可能性があります。接触点を介して前後に引っ張る動作を行います。
デンタルフロスを歯の表面に近づけ、歯茎を傷つけないように注意しながら、上下に引っ張って歯の表面をきれいにします。歯の表面がきれいになり、「きしむ」音が聞こえるまで、各歯の表面を上下に4〜6回こすります。
下の歯を掃除するときは、上記と同じように両手の人差し指でデンタルフロスを締めます。
それでも不便またはそうでない場合は、デンタルフロススティックを使用することをお勧めします。
食後やテレビ番組を見ながら休憩するのに最適な時期です。歯を磨いた後に使う方が効果的です。デンタルフロスをした後は、すぐに口をすすいで、こすった食べ物の残留物、歯垢、カイガラムシを取り除きます。
もちろん、どんなに理想的な歯磨きでも、どんなに高価なデンタルフロスでも、虫歯やその他の問題を完全に回避することはできません。歯科医に半年に一度は歯のチェックと掃除を依頼することは避けられません。

デンタルフロスを使用する際の注意事項:
1.デンタルフロスを挿入するときは、速すぎないようにし、のこぎりでゆっくりと挿入する必要があります。歯肉乳頭への損傷を避けるために、過度の力を使用しないでください。
2.毎回、デンタルフロスを片側から反対側に巻き付け、常に清潔なデンタルフロスを使用して隣接する歯の表面の歯垢を取り除くことができます。
3.デンタルフロスを使用した後は、時間内に口をすすぎ、歯垢や食べ物の残留物を取り除きます。
4.湿気とカビに注意してください。